脱毛のトラブル!毛嚢炎になったらどうすればいいの?

トラブルを回避する

レーザー脱毛は人気のある脱毛方法ですが、時に肌トラブルにあう事があります。ここでは毛嚢炎について原因と治療法を知りましょう。

毛嚢炎はどうしてできるのか

レーザー脱毛は毛根や毛穴の黒い色素にレーザーの光を当てて熱を加えます。この事から毛穴周辺の皮膚にもレーザーの光が原因になり、火傷のような炎症が起きる事があります。

それからレーザーの光は毛穴内部を傷つけて一時的に免疫機能が弱くなります。そのため、皮膚表面の毛穴に菌が侵入して炎症を起こし毛嚢炎になるのです。レーザー脱毛は熱を使い毛穴に影響する脱毛方法ですから、脱毛施術を受けるどんな人でもなる可能性があります。

毛嚢炎の症状

毛嚢炎は赤みを含むできものができて見た目にはニキビに似ています。毛穴の上に突起状に盛り上がってブツブツがたくさんできる時もあります。程度が軽めの時なら痛みや痒みはそれほどないです。

しかし、症状が重くなると痛みや熱を持ちだします。それからさらに進行してしまうと化膿する事もあります。症状が軽いならそのまま放置していても治る事もあります。しかし、重度になっている場合には治療をしないといけません。

毛嚢炎を治療するには

レーザー脱毛した後に毛嚢炎になってしまった時には、どのように治療していけばいいでしょうか。ニキビと同じようにごく軽症の物であればそのまま放っておいても自然に治る事があります。
ですが、悪化する事もあるので正しく対処する方法を知っておくべきです。毛嚢炎の直接的な原因になるのは、ブドウ球菌などが毛穴に入り込んでしまう事です。ですから予防するためには皮膚を清潔にしましょう。

この事でできるだけ雑菌を少なくできます。化粧水なども殺菌効果の優れているものを使用したり、寝具なども衛生的にしておきましょう。ここまでは予防法について解説しましたが、もしも毛嚢炎になってしまった時にはどのようにするば解消できるのでしょうか。

毛嚢炎を治すためには炎症効果がある軟膏を付けたり、抗生物質を服用する事により症状を治していきます。毛嚢炎らしきものを発見したら悪化させないように皮膚科に行くのが一番いいでしょう。
その時にはレーザー脱毛施術を受けた事を告げておきましょう。また、市販の薬でも使えるものもあります。例えばドルマイシン軟膏などです。この商品は抗生物質を含み皮膚の細菌感染による症状や皮膚の化膿に有効に働きます。

毛嚢炎にならないように予防して、もしも毛嚢炎になってしまったら早めの治療をするようにすれば悪化せずに済みます。早めの対処を心掛けましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です