本当に効果はあるの!?怪しみながらミュゼで脱毛体験

ミュゼの脱毛は怪しくない?

私は脇脱毛をミュゼで体験しました。ムダ毛を何とかしたいと思って、ミュゼで脱毛を受ける決心をしたのです。

そんな私のムダ毛を気にしていた頃の体験からミュゼで脱毛をしてムダ毛の処理から逃れられた今までの体験をご紹介しましょう。

脱毛を受けるまでの私の苦しみ!

私はずっと昔からムダ毛が悩みでした。毛深いということは絶対に女性にとってデメリットになります。毛深い女性のいいところなんて一つもありません。

このせいで昔から人と比べて毛深いことをからかわれてきたのです。時には酷い誹謗中傷をされて心を痛めることもありました。ムダ毛があることが私の苦しみになっていたのです。いつかなんとかこのムダ毛と決別したいと思い続けてきました。

悩んだ末にミュゼを選択した理由

ミュゼで脱毛をする前はもっと本格的な診療所などで脱毛をしようかと思っていました。

レーザー脱毛の方が本格的に脱毛が出来そうと思って、私は悩んだのです。しかしミュゼがあまりに安すぎて目に飛び込んできました。

そして口コミ評価にも目を通して、すごく興味を持ちました。そして怪しみながらも脱毛を受けてみようと思ったのです。脇脱毛のプランを見てこの安さなら駄目でも諦めがつくと思ったのがミュゼに最終決定をしたきっかけでした。

全身脱毛の安さが一目でわかるサイトなども参考にさせていただきました。

怪しさ満点だったミュゼで脱毛体験!

安くて完全に怪しさが滲みだしていたミュゼですが、これが意外なほど効果抜群でした。こんなに安いと効果なんてきっと期待できないと思っていた私だけど、受けてみるとまさかの効果に驚きの気持ちでした。

一回一回通うほど脱毛効果が表れるのですから、驚かないはずがないのです。私はミュゼで脇脱毛を受けて、安くても脱毛はできるんだということを知りました。

ミュゼの脱毛は確かに効果があります。診療所の脱毛の何分の一かの安い値段で脱毛ができるくせに確かに効果を感じました。

ミュゼで脱毛をしてその後の感想

私はミュゼで脱毛を受けて見て、その後のムダ毛の様子を観察していて、感心するばかりです。4年程はかかりましたが、それでもしっかりムダ毛が無くなったのです。

私をあんなに悩ませたムダ毛がここまでキレイに無くなるとは信じられません。おかげで毎日ムダ毛の処理をする生活から逃れられました。

脇脱毛は脱毛サロンでも確かな効果を実感できます。ミュゼはすごく良心的お値段で、しかもこのように効果も高いので、オススメの脱毛サロンです。ここの脱毛を受けて私は心からの安らぎを手に入れました。ムダ毛がないって最高です。

光脱毛とレーザー脱毛ってどう違うの?

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛をする前に考えるべきこと

綺麗に処理をしたと思っても、実は外出するとそのムダ毛の残り方に唖然としてしまうことも経験されたことでしょう。そのことに気づいたときは恥ずかしさで顔を覆いたくなる気持ちになるとは思いますが、何れにしても自信でのムダ毛処理ってやっぱり限界があるんだなって感じるのではないでしょうか。

そこで脱毛をするならやっぱりプロに依頼することが最も安心することができると判断されるのは言うまでもありませんが、ただどの脱毛法を選べばいいのかは悩ましい限りではあります。

光とレーザーの違い

ところで光脱毛と医療レーザーの違いって何があるのでしょうか?美容のために脱毛をするにしても迷ってしまうのがここの部分だとおもいます。皮膚科で行われるレーザー治療、エステサロンで行われる光脱毛、一見何がどう違うのかがまったくわ素人だと分からないのではないでしょうか。

では医療脱毛におけるレーザー治療とはそもそも医療行為になりますから、それに伴う資格というものが必要となってきます。ですがエステサロンなどの光脱毛における施術法ではこの医療の資格というのは関係ありません。
普通に考えると資格を持ってる方が安心して脱毛施術を受けることができるからそっちの方がいいと思われるかもしれませんが、そもそもエステサロンとは医療行為ではないということを覚えておいて欲しいんです。ですが疑問として残るのは資格の湯有無の違いって何なのと?思われるかもしれません。

出力の違いが関係してる

脱毛施術における機械には実は出力の高さがあり、エステサロンでは低出力、医療だと高出力となってるんです。低出力の光脱毛は痛みなどが弱く、そのため施術を長く続けられやすくなってるのですが、ただその効果は時間がかなり必要となってきます。

医療レーザーは高出力なだけにその効果は光脱毛とは異なり早く感じることができるのですが、ただ痛みの辛さが関係してきます。こうして見ると医療レーザーとエステサロンの光脱毛の選び方が見えてくると思います。痛みに弱い方なら光脱毛、痛みに強ければ医療レーザーという考え方ができますが、ただ脱毛の効果を早く実感したいなら痛みに耐えなければいけません。

もしそれほど慌ててないのであればゆっくりリラックスしながら光脱毛を受けるというのもひとつの考え方だと思います。要するに脱毛をどうしたいのか人それぞれで異なることでもありますから、それぞれの考え方で、それぞれに合わせた脱毛方法を選んでみてはいかがでしょうか。

脱毛のトラブル!毛嚢炎になったらどうすればいいの?

トラブルを回避する

レーザー脱毛は人気のある脱毛方法ですが、時に肌トラブルにあう事があります。ここでは毛嚢炎について原因と治療法を知りましょう。

毛嚢炎はどうしてできるのか

レーザー脱毛は毛根や毛穴の黒い色素にレーザーの光を当てて熱を加えます。この事から毛穴周辺の皮膚にもレーザーの光が原因になり、火傷のような炎症が起きる事があります。

それからレーザーの光は毛穴内部を傷つけて一時的に免疫機能が弱くなります。そのため、皮膚表面の毛穴に菌が侵入して炎症を起こし毛嚢炎になるのです。レーザー脱毛は熱を使い毛穴に影響する脱毛方法ですから、脱毛施術を受けるどんな人でもなる可能性があります。

毛嚢炎の症状

毛嚢炎は赤みを含むできものができて見た目にはニキビに似ています。毛穴の上に突起状に盛り上がってブツブツがたくさんできる時もあります。程度が軽めの時なら痛みや痒みはそれほどないです。

しかし、症状が重くなると痛みや熱を持ちだします。それからさらに進行してしまうと化膿する事もあります。症状が軽いならそのまま放置していても治る事もあります。しかし、重度になっている場合には治療をしないといけません。

毛嚢炎を治療するには

レーザー脱毛した後に毛嚢炎になってしまった時には、どのように治療していけばいいでしょうか。ニキビと同じようにごく軽症の物であればそのまま放っておいても自然に治る事があります。
ですが、悪化する事もあるので正しく対処する方法を知っておくべきです。毛嚢炎の直接的な原因になるのは、ブドウ球菌などが毛穴に入り込んでしまう事です。ですから予防するためには皮膚を清潔にしましょう。

この事でできるだけ雑菌を少なくできます。化粧水なども殺菌効果の優れているものを使用したり、寝具なども衛生的にしておきましょう。ここまでは予防法について解説しましたが、もしも毛嚢炎になってしまった時にはどのようにするば解消できるのでしょうか。

毛嚢炎を治すためには炎症効果がある軟膏を付けたり、抗生物質を服用する事により症状を治していきます。毛嚢炎らしきものを発見したら悪化させないように皮膚科に行くのが一番いいでしょう。
その時にはレーザー脱毛施術を受けた事を告げておきましょう。また、市販の薬でも使えるものもあります。例えばドルマイシン軟膏などです。この商品は抗生物質を含み皮膚の細菌感染による症状や皮膚の化膿に有効に働きます。

毛嚢炎にならないように予防して、もしも毛嚢炎になってしまったら早めの治療をするようにすれば悪化せずに済みます。早めの対処を心掛けましょう。